レーザ加工システム機械の種類について

レーザ加工システム機械の種類について

レーザ加工システム機械の種類について、述べます。

レーザ加工システムは、レーザ発振器・加工ステージや加工テーブル・カルバノスキャナーなどで構成されています。

レーザ発振器は、レーザ加工システムの心臓部で、レーザそのものを発光させる装置です。

レーザ発光の原理としては、気体レーザの場合は、ガス内に閉じ込められているレーザ媒体に励起光源をあてると、ガスの分子が励起して発光する場合、固体レーザの場合は、レーザ媒体に励起光源をあてると、個体が励起されて発光する場合、とがあります。

子の発光した光を共振器ミラーという装置にてレーザ媒体に反射させて戻す操作を何度も繰り返すことにより、レーザ光として使えるものになります。

加工ステージや加工テーブルは、加工する素材の大きさや重量により異なり、ステージやテーブルが動く場合やステージやテーブルとその上にある門形の装置と組み合わせて動き、精密に素材にレーザを当てる機器の役割があります。

スキャナーは、レーザを走査させる装置として、ミラーとモーターとコントローラから構成されています。

レーザ加工システム周辺機器について

レーザ加工システムの主要部分以外に必要な周辺機器があります。

レーザ加工システムの周辺機器としては、加工ヘッド・観察カメラ・切断用ノズル・制御用ソフトウェア、などがあります。

加工ヘッドは、切断・溶接・穴開け加工などの用途により、ヘッドが異なります。

加工用途に合わせて、加工ヘッドの中のレンズ構成が変わってきます。

形状は、ストレートタイプやL字型タイプなどもあります。

観察カメラは、レーザの加工光軸系に装着して、直接目で確認できない加工状態を観察するための装置です。

取り込んだ画像をCCDカメラに入力し、モニターする装置となっています。

この装置は、高出力レーザ・低出力レーザ共に使用できるとしています。

切断用ノズルは、レーザで溶かした素材を吹き飛ばすためのガスを噴き出すための部品となっています。

制御用ソフトウェアは、パソコン上でレーザ発振器の制御ができるソフトウェアで、コマンドを入れずに、パソコン画面上のボタンを押す操作で制御ができます。